リフォームすることでの利点|家も喜ぶイキイキリフォーム

室内の温度を維持する

室温は窓から逃げやすい

よく言われることですが、寒い季節に室内で暖房をつけてもなかなか部屋があたたかくならない場合、それは窓から暖気が逃げていることが原因の1つになっています。 窓のない部分、つまり壁は内壁と外壁の二重構造になっているのが普通であり、しかもその間に断熱材がはさまれていることも少なくありませんが、窓の場合はガラスが直接外気に触れています。そのため、どうしても室内の暖気を外に伝えてしまうのです。 こうした問題を解決するためには、窓に厚手のカーテンを取り付けるといった方法があります。しかし夜間はともかく日中もカーテンを引いたままというのでは不便です。そこで、最近では窓自体に断熱性を持たせるためのさまざまなアイデアや工法が生み出されています。

どうやって断熱性を高めるか

窓の断熱性を高めるにはいくつかの方法がありますが、比較的簡単なところではコーティング剤を使うという方法があります。これはシリコンなどを原料としたコーティング剤を塗るいうものです。これに似た手段としては他に断熱シートやフィルムを貼るという方法もあります。フィルムの場合は割れたガラスの飛散防止にも役立ちます。 本格的なところでは、窓そのものを断熱効果のあるものに取り替えるという方法があります。代表的なものとしては複層ガラスといって2枚のガラスの間に空気の層を作って熱を逃がさないようにした製品があります。 これらの方法の中には自分でできるものもありますが、資格を持っていないと工事ができないものもあります。まずは専門業者に相談して、費用や効果などを勘案しながら最適な方法を依頼するのが賢明です。